スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

体験談:ハッテン車両の思い出 

募集した体験談に、さっそく応募が来ました。
りょうたさん、ありがとうございました!

【続きを読む】から体験談が読めます。
他の方からのご応募もお待ちしてまーす。
詳細は上の記事から。よろしくです。
【ハッテン車両の思い出】

僕は都内に住んでいる20代。172*55です。
ちょっと前、ハッテン車両でいいことがありました。

僕は勤務時間が不規則なため、電車に乗る時間はまちまちで、
あまりラッシュの時間には遭遇しません。
それでも微かな期待をしながら、ネットで調べたハッテン車両
(最後尾車両)に乗るようにしていました。
だけどいつ乗ってもそれっぽい人はいないし、
ネットの情報はデマなのかなあと、どんどんガッカリしてきました。

しかし、ある日飲み会の帰りで、電車に乗るのが終電間近になりました。
いつものようにハッテン車両に乗り込むと、隣にはイケメンが
立っていました。身長は180cmくらいで、スリム体型。年齢は
たぶん同じくらい。今風で美容師っぽい雰囲気。
ゲイでは無いかな…と思いつつも隣を陣取り、車内が走り出す頃には
満員になってきました。

僕は時々チラチラと彼を見ながら、電車の揺れにあわせて
身体が触れるくらいに接近していました。
たまに、お互いの手がコツンと当たり、その度に僕はまさか…と思い、
ドキドキしてきました。

しばらくそれを続けていると、触れた手をずっとくっつけてきて、
イケメンは僕の指を握ってきました。
この人ゲイなんだ、という確信と
触れたことでますますドキドキしてきながら、
僕は迷わず手を握り返しました。

すると今度は、僕のデニムの上に触れてきて…
もちろん既にビンビンです。めっちゃ気持ちよくて、すぐに触り返し。
動作が慣れているから、しょっちゅうこういうことしているのかなあと思いました。

しばらく触りっこをしていると、今度はデニムのチャックを下ろしてきて、
勃起した僕のチンコを出してしごき始めました。それはさすがにヤバい、と
思いつつも気持ちよさに耐えられず、僕は彼の腹の上からデニムに手を
つっこみ、彼の勃起チンコをいじりはじめました。

すっごく気持ちいいけど、感じちゃう顔になるわけにもいかない。
もちろん車内は満員で、すぐ側では会社帰りらしき人たちが話している。
誰も僕たちがしごきあってるなんて知らないだろう。
そう思うと興奮しまくりで、足がガクガクしてきました。

僕は手をさらに奥まで突っこみ、指でアナルをいじりはじめました。
全然ケツ毛は生えてなかったけど、汗ばんでいたのがとてもエロかった。
汗のせいか、すんなり指が入って興奮。
人差し指を入れたり出したりして彼の反応を見たけど、
当然ふつうの顔をしているから感じているかどうかわからない。
でも感じてほしかったです。

身体が気持ちいいというよりは、こんなところでエロいことしているという
背徳感で、脳味噌が溶けそうなほど頭が気持ちよかったです。
満員電車で俺はイケメンとチンコ触り合ってます、って叫びたくなった。

しかしその快楽は長くは続かず、イケメンは途中で降りてしまいました。
何となく追いかけると、気付いたイケメンは、「どうする?」と
話しかけてきました。

簡単な自己紹介をしたものの、終電間際ということもあり、僕はやっぱり帰るよ、と
言って電車に乗り直しました。それ以来、彼とは会っていません。
でも、今思えばそれでよかったのかもしれません。
あれ程の気持ちよさは、多分エッチしても得られなかっただろうから。
また電車でハッテンしたいな。
[ 2011/04/09 11:49 ] 体験談 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。